Indriyasのことば。

過ぎ去るもの、留まるもの。流れゆく感情を彷徨う。

気合いです。バレーシューズと共に。

寝れず、かろうじて、睡眠2時間とれたかな?
ねむい。なんとか乗り切る。
バレーシューズf:id:indriyas:20170627071020j:plain

この瞬間から

形にこだわる理由。彼女たちは、こんなはずじゃなかった自分にすがりついているから。自分もそうかもしれないけど、それだって私の人生でしょ、って思えれば、次に行けるじゃない?ある意味、理想な形や拘りが邪魔しているだけで、誰もが新しい一歩に出会えるはず。じゃなきゃ、ずっとずっと、引きずり続けて丸ごと自分に同化させるのって、もったない気がする。きれいごとなんか抜きにして。この瞬間から。

形なんて幻想

時代を意識し過ぎて、明日の仕事、将来ばかり不安になって、過去に遡ってどうにもならないことを意識したって、何もかわらない。誰かと競いあって、比べたって何も変わらない。いつから臆病になったのか。時代もあるべきだったはずの形なんて、幻想に過ぎない。恐怖が突然現れた日から、何かを意識して、何かわからないものばかりに、気になって生きている。すがっている。幸せだと思う形を壊して、初めて今の自分の立ち位置が少しずつ見える。そんな気がする。
社会人しながら、院生やってるのって、生半可じゃないけど、形は形じゃなかったことに気づける唯一の場なのかもしれない。

題なき感情

もう朝。朝になって、ようやく眠りにつく。永遠に眠りたい。眠り眠るように静かな日々を望みながら、一方では強迫までも理想を求める自分に疲弊している。普通の幸せを手にすることができない、そう思い込んでいる自分にも嫌気が指してきた。憧れた形まで努力してきた今の形になれたなら、浮かれればいいのに。浮かれることなく、闇の中でもがいている存在なんです。何も知りたくなかった。知り得る必要もなかった、この世界に。一筋の光を求めて。

あと少しだけ力を下さい。

もがいている時は逃げたくなるのが、人間の常。後に振り返れば、血となり肉となる。永遠に残り続け支えゆくものとなる。もがいても、できなくても、これでそれは最後。あとは全てを言葉として残す作業かな。全ての感情、人生の或る道を選んだから。楽になろうと思えば、すぐできる。しかし、二度とこの道に戻れなくなる。あと少しだけ。

心折れそう

仕事つらいよね。。。余裕がないとどんなポジティブな言葉も入らない。ツイッターにも呟けないもどかしさ。ここが、唯一本音を語れる場所。

過去は振り返らず、ただ、ただ、過ぎ去るのを見送るしかない。いまはね。いまは。

寝よう。

睡眠が取れないと、身体も心もバランスを崩す。書き留めたいことはあるが、また今度にしよう。

不安から逃れる為に。